ピーエスケー株式会社


 

無線LANサイトサーベイ

無線LANサイトサーベイの概要

サーベイにはパッシブサーベイとアクティブサーベイという2つの測定方法を使用して行います。
無線LANの距離や干渉、建物の中に存在する障害物や構造物の存在なども含め、
調査を段階的に行い、外来電波干渉の有無、必要なアクセスポイントの数量及び設置位置、
信号強度や雑音レベルフレームの再試行やロス率、フレームスピードなどを調査し、
無線LAN通信を実運用に適した状況を構築します。

無線LANサイトサーベイの特徴

使用ツール

信頼性の高いAirMagnet Survey ProとAirMagnet Spectrum XTを使用

正確なサーベイを実施

APの設置位置、高さ、向きなどで無線LANの伝搬環境は変わります。 事前サーベイ実施時は本番環境を想定した設置を行い、確実なサーベイを提供します。

最適なサーベイをご提案

有線LANと違い、無線LANは構築するまでに様々な事を考慮する必要があります。 弊社では、お客様が理想としている無線LAN環境の構築をするうえで必要な最適なサーベイ方法をご提案します。

調査過程

要件定義

無線LANの利用範囲や使用する端末の種類などの必要事項をヒアリングします。

プランニング

要件をもとに最適なサイトサーベイのプランを企画します。

事前サーベイ

お客様建造物内にてAPを仮設し、電波の範囲、強度、品質などを測定します。
またお客様の無線LAN環境に悪影響となる外来波の調査も実施します。

分析/設計

事前サーベイの結果をもとに、AP設置位置、機器の数量、使用するチャネルを決定します。

事後サーベイ

設計通りの無線LAN環境が構築されているか測定します。

使用ツール

AirMagnet Survey Pro

AirMagnet Survey Pro は、 802.11a/b/g/n/ac 無線LAN環境の調査における必要不可欠な情報を収集し、
無線LANの設定、設置をサポートします。

AirMagnet Spectrum XT

AirMagnet Spectrum XTは無線LAN以外でも使用する2.4GHz/5GHz帯の規格の異なる機器からの 電波や干渉源を発見し適切な無線LAN構築をサポートします。